メインイメージ画像

運動をして行く事がオススメ!

人生80年、生涯健康で穏やかに暮らしたいと願うなら、運動は必要不可欠です。運動といえば球技やトライアスロンなど、むずかしいイメージや難儀なイメージを受ける際もおおいものです。しかしながら、普段の掃除やショッピングをする事ですでに、運動だと言えるのです。何もやることがなければ、時間をもてあましたりすることもありますが、高齢者は寝たきりになる場合があります。認知症となれば、不調ばかりで行動が難しく、骨も軟弱になります。万が一骨折すれば治りが遅く結局認知症が進みます。

多くの人が気にしている健康問題として、ストレスは外せません。

長い景気の悪さで、不安定で仕方なしに減給になる人は多いのです。更に、残業やきつい労働条件で、身も心も限界をこえているという場合も、あるのです。ストレスは私たちが日々を送る中で、発生します。ただし、ストレスは多くても健康にメリットは、ないのです。スポーツや海外旅行で、上手く発散するのが良いのです。ストレスを感じることなく、健康的に外見と内面を大切にしたいものです。

今最も医療の分野で話題になるのは介護です。少子高齢化となり日本では更に、70代の人が増えていきます。医療にかかる費用は負担となり、また高齢者を支えているスタッフの、人数が少ないと言われています。介護の施設でも入居費用が低めの、特別養護老人ホームなどは入居不可能な様子が良くあると言われています。私たちは真剣に体の状況を確認して、どうしたら体を害さず日々過ごせるか、いつも意識して生きる責任があると、言えます。